2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.06.06 (Sat)

Splatoon攻略

Splatoon面白い

というわけで攻略。幾つか覚えておくと強いテクニック。各武器の戦い方を紹介。質問にも応える。

・いくつかの攻撃対策
・・ダイオウイカ:見た瞬間イカ化して相手の進行方向に逃げまわる。速度はこちらのほうが上なので余裕を持って逃げれる。戻った瞬間を狙えるように適度な距離を保つと更にグッド。

・・チェイスボム:実はジャンプで避けれる。タイミングよくジャンプしよう。相手はインクが尽きかけているはずなのでここぞとばかりに攻めよう

・・ローラー:ダイオウイカと同じで見た瞬間距離を取る。絶対に近距離で戦おうとしない。

・各武器動き方
・・ローラー:塗り塗りからのスペシャルポンポンが楽しい。相手に位置がバレていると距離を取られて殺されるので後ろや死角をとった時以外は攻めないほうが吉。角や細い道など近距離を攻撃できる場所に潜み、範囲の広い即死攻撃を確実に当てよう。

・・シューター:各武器の射程を覚えて、なるべく最大射程で戦おう。初心者から上級者までおすすめ。近距離で戦いたい人はガロン。中距離はプライムシューターがかなり強い。サブを使っていかに自分の有利な射程に持ち込むかが腕の見せどころ。

・・ホットボム:当てれば即死、外せばコチラが死という恐怖のハイリスク武器。爆風で隠れている敵も殺せるので意外と強力。落ち着いて一発を当てられればとても強い。

・・サブ
・ポイズンボム:単に相手を遅くするだけなので、遠くから投げてヒット確認したらマークのあたりに打ち込むという戦法しか取れない。正直自分には使いこなせない
・水風船:一時的な避難場所や、敵の移動の分断に便利。
・グレネード:範囲が狭く、見てから余裕で逃げられるので敵が来る場所に事前においておくのが有効。
・壁作るやつ:敵を見てからこれを置いて攻撃するのが非常に楽でつおい。おすすめ。
・スプリンクラー:実はこれ、敵を殺すこともできる。潜伏してそうな場所に置くという使い方もできる。
・チェイスボム:細い道、目の前の敵に撃ちこむ。敵陣を突き進むなど便利なボム。殺しまくりたい人用
・スーパージャンプデコイ:こちらから一方通行の道に置くと確実に使えて便利。安全に時間を節約できる。

チャージャー:Aimゴリラ専用武器。狙う自信がない人は使わないほうが良い。たまにすごく強い奴がいるが、チームに二人いるとバランスが悪くなる。修行がとても必要。

・・スペシャル:使おう。とにかくたまったらなんでもいいから使おう。なんか起こる。

思いつき次第追加。まだランク10なので20まで上がったら更新予定
23:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.26 (Thu)

Realforce 87UB-55 SE18T0 レビュー

あのRealforceである。このモデルはすべてのキーが55gという重い構造になっており、指の力が強い方もしくはゲーム用として非常に有用である。ただ、確かに重いので慣れないうちは指が疲れる。
そのタッチ感はまるで「生チョコ」のよう。溶ける甘さと深いコクがあり、タイピングの快適さは他の製品と比べて劣るが触っていて非常に楽しい製品である。また、キーがある程度重いため自然と脱力したタイピングを体が覚えるというのも利点の一つに当てられる。
もしあなたがこれをゲーム用として買うつもりなら、USBポートのモデルであり6キー同時押ししか対応していない点を受け入れられるならいい選択肢になるだろう。英語キーボードなので普段使いには向かない。タイピングをしたいのなら他の可変荷重式の方がおすすめである。
20:03  |  ハードウェア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.25 (Wed)

アメリカン・スナイパー

 クリント・イースト鬱ドの新作である(誤字ではない)
 前作ジャージー・ボーイズも見終わった後モヤモヤしたものが残る暗い作品だったが、これは輪をかけて暗くなる作品である。戦争は悲惨であり、残酷であり、兵士は心を病むというのがテーマだろう。
 スナイパーがどんどん敵を殺して爽快!とかを期待してるあなたは間違いなくどん底に落とされる。ただ、1.9Kmの狙撃のシーンはちょっと興奮した。必見である。戦争の悲惨さや残酷さのメッセージを受け止められる人なら絶対に見るべき映画の一つだ。クリント・イースト鬱ドはもう私のおじいちゃんと同い年でもういつくたばってもおかしくない年齢なのにいったいいつになったら「まあだだよ」と言って「もういいよ」と返されるようになるのだろうか。すごいおじいちゃんである。

★★★★★ 5/5 興味があるなら黙って見る。ポップコーンは上映開始前に食べきるように。
08:52  |  映画レビュー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.11 (Sun)

CS:GO aliasを使って2つ以上の動作を一つのキーにバインドする方法

今回私がやったのは、CS1.6の様にクロスヘアの大きさをハンドガンとライフルで使い分けるコマンドです。
待ちきれない方にさっさとコマンド投下。これの該当部分をいじれば似たようなことができます
bind "Mouse5" "cross1"
alias "cross1" "cl_crosshairgap "3"; slot1"
bind "mouse4" "cross15"
alias "cross15""cl_crosshairgap "15";slot2"
仕組み説明
aliasはCS:GO内にデフォルトで存在しないコマンドに新しい機能を与えることができます。
今回の例で説明すれば、bind "Mouse5""cross1"とありますが、こいつはこのままだとなんの意味もありません。
しかし、aliasで「こいつが出たらこの動作をする」というふうに「定義」すると、2つ以上の動作を行わせることができます。
今回の例で言えば、「alias "cross1" "cl_crosshairgap "3"; slot1"」とすることでライフル選択時にクロスヘアの大きさを小さくすることができます。ここで注意して欲しいのは、「""」で囲むのはコマンドすべてで、コマンドとコマンドの間には「;」が入ります。
あなたもaliasで快適GOライフ!細かいことはCS:GO wiki (http://wikiwiki.jp/csgo/?config)で!(ここにも同じことを書き込んでいます)
15:23  |  CS:GO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.08 (Thu)

ジェームス・ボンドとジャック・ザ・リッパーの違いから考える善悪の基準について

 ジェームスボンドとジャックザリッパー。その二人のイギリス人の印象はあまりにも違います。片方はヒーロー。もう片方は殺人鬼です。しかし、この二人はその行為だけを見れば、全く同じ事を行っています。
 それは「大量殺人」です。方や世界を破滅させんとする軍団を皆殺し。方や女性を端から殺しまくり。では、同じ殺人行為でもなぜここまで扱いが違うのでしょうか。
 答えは、その行動がもたらす利益を享受する存在の違いにあります。ジェームスボンドが人を殺すのはイギリス。しいては世界を救うためです。打って変わってジャックはおそらく自己満足です。少なくとも世界は救われません。ここが大量殺人犯と英雄の決定的違いなのです。
 人を殺すことが悪いことなら、ジェームスボンドの映画は趣味の悪い殺人映画として罵倒され、そっぽを向かれるはずですが、そんなことはありません。それはつまり「殺人だけでは悪ではない」事を示しています。ではなにが悪なのでしょうか?
 答えは単純。「共同体に不利益をもたらすもの」です。ジャックはイギリス人を殺し、ボンドはソ連の軍人を殺す。ソ連は資本主義の敵で殺せば有益なのでオッケー。イギリス人は紳士淑女なのでだめ。実にシンプルです。極端なことを言えば、属している共同体に不利益でない限り何をやっても許されます(例えば無人機で空爆したり)
 これはすべての人間の基本的なきまりです。状況や人によってその共同体の大小(国から個人まで)が異なりますが、その人の属する共同体に不利益な物が悪。利益な物が善です。
 しかし、今から貴方がやることが共同体にどういう影響を及ぼすかいちいち考えるのは面倒です。そのために倫理と法律があるのです。二つの物はあくまで思考を省くための物で、思考するための礎ではありません。これが善悪の議論をややこしくさせています。
 さて、なぜジェームス・ボンドが善でジャック・ザ・リッパーが悪なのかは理解してもらえたと思います。ここで私が伝えたいのは、「悪は一つの共同体にとって不利益であると同時に、もう一つの共同体にとっては利益である」と言うことです。典型的な例で言えば、世界中に核爆弾を撃つことは世界征服をたくらむ一味には利益ですし、犯罪者は殺人によって快感を得るか、金品を手に入れます。
 ここで急に時事問題の話を始めます。フランスの新聞社事件についてです。亡くなった方にご冥福をお祈りします。それと同時に考えなければいけないのは、イスラムがなぜここまで過激な行動をするかです。
 イスラムのテロ行為はされる側からすれば絶対悪ですが、する側にはそれ相応の利益があります。それがなんなのか、そうさせるほど追いつめたのは誰なのか、何なのかを考えるところから始めなければいけません。世界征服する軍団も世界を救う英雄もいないなら、あるのは善と悪ではなく、利害だけです。欧米の方が立ち回りがうまく、イスラムはそれに苦汁を飲まされていて、それに反発しているのかもしれません。彼らにとって欧米が「悪」であるのは、その共同体にとって「不利益」だからです。それが単に「イスラムを侮辱している」だけなら、ここまで計画的な殺人が行われたでしょうか。
 十字軍の例を見れば、宗教が人の思考を時に誤った方向に向かわせることは不思議でありません。生活に不満のある人たちがその理由を外に求めただけかもしれません。しかし、その対象がなぜ欧米になったのかは考えなければいけません。
 善と悪。対義語でありながら、同義語にもなりうるこの二つの言葉には、最善の注意を払うべきです。今の歴史を作るのは、間違いなく我々だから。
18:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。